屋根をきれいに

ご自宅の屋根が気になりだした方に二つの例を紹介します。
両方ともコロニアル(スレート)屋根ですが、
左の列は再塗装の例で、右の列はガルバリュウム鋼板でカバー工法(GLカバー工法)の例です。

IMG_0974
前回はいつ塗ったかわからない、刷毛塗りの跡が洗うと浮き出てくるという状態でした。
IMG_1082
このお宅の北側には森があるせいか苔が大量に発生しまして、こすっても取れないくらいにこびりついてました。


IMG_0976
塗装をするには下地処理が大切です。洗浄後の写真なのでわかりませんが右のお宅と同じように苔がびっしりで洗うのにかなり時間がかかりました。
IMG_1074
はなれてみると広範囲にかなり目立つように苔が生えています。洗ってもきれいにならなかったかもしれませんがGLカバー工法は洗浄の必要はありません。

IMG_1209
苦労した買いがありましてこんなにきれいに仕上がりました。
IMG_17461
洗わなくてもこんなにきれいに仕上がります。(上部は工事中)


コロニアルの塗装工事とカバー工法はいかがでしたでしょうか
屋根の工事をもっと詳しく知りたい方は『街の屋根やさん』http://machiyane-yamaguchi.com/





ハウスドクター山口 

【下関店】

TEL: 083-263-2700



同じタグが付けられたハウスドクター日記を見る

一覧へ戻る