岩本 孝行

防府市で和風門の修理

2020年8月8日|カテゴリー「岩本 孝行


こんにちは。
今回は家の顔である門の修理をさせて頂きました。

歴史ある建物の門は、長い間の風雨や食害等で塗装も色あせ、足元も腐食が進行していました。(写真①)

足元部分のあちこちが傷んでいました、どこまで解体して、どこまで残すか慎重に確認していきます。(写真②)
既存の門
腐食している既存の柱
こちらは裏側よりの写真です。
敷居も痛みがひどく、扉も建付け、滑りも悪く開閉が困難な状況でした。 (写真③)

腐食予防で石をかまして浮かしていましたが隙間も少ない為に湿気がたまりやすい状況でした。(写真④)
既存の門 裏側
既存の門 敷居
腐食した部分を解体していきます。
他の部分を傷めないように慎重に進めます。(写真⑤)

柱ですが元々も補修していたようでした。根継ぎで柱を継いでいました。(写真⑥)
腐食部を解体
既存柱 根継ぎでの補修後
新しい柱を既存の根継ぎに合わせて加工して、仮合わせして確認して進めていきます。(写真⑦)

柱の継手作業完了です。(写真⑧)
柱の根継ぎ
柱腐食 根継ぎ補修
継手をした柱、既存の柱もキシラデコール塗装にて着色しています。(写真⑨)

その他の部分もきれいに塗装して完成です。(写真⑩)
柱補修 キシラデコール塗装
和風門 補修完成
キシラデコールのパリサンダにて塗装しています。
濃い色が歴史あるお宅とマッチして重厚感ある仕上がりになりました。

木の門はメンテナンスもきれいに塗装して完成です。
外部の木部はメンテナンスは必要ですが、他の素材にはない雰囲気、質感が良いですね。



工事のご相談は
ハウスドクター山口  山口店

TEL: 083-941-1234



暗い部屋に太陽の明かりを!宇部市でスカイライトチューブ設置

2020年6月5日|カテゴリー「岩本 孝行



皆さま、家の中は暗いよりかは明るい方が良いに決まっていますよね

今回ご相談を受けましたのが、新築時には廻りに建物が無く明るく採光がとれていたとのことでした。
スカイライトチューブ着工前の屋根
スカイライトチューブ着工前の屋根
立地条件や家の形状、窓の位置などで採光の条件によって明るさは違います。
また、近所に高い建物が立ったので日が入りにくい等などもあると思います。

こちらのお客様は数年前に隣にアパートが建ち、家のメインのリビングが暗くなったので・・・とのことでした。
スカイライトチューブ着工前の室内
スカイライトチューブ着工前の室内

<写真①>
こちらがリビングですが、やはり少し暗いですね。


<写真②>
違う角度から。
お客様の取付のご希望位置がこの辺りです。
天井には照明器具がありますのでバランスを検討して取付位置を慎重に決めていかなければいけません。


今回は下屋根への取り付けになります。
天井点検口の取付
天井点検口の取付

<写真③>
天井裏に入って構造材等の位置を確認しながらチューブを通す位置を出すのですが、天井に入れる場所が無い為に天井点検口の取付からスタートです。

天井にテープで位置出ししてからマルチツールで開口します。石膏ボードの粉塵も出ますので掃除機で吸引しながらの作業です。


<写真④>
開口作業完了です。

断熱材が見えています。ここから天井裏の確認作業に進みます。
スカイライトチューブ天井の確認
スカイライトチューブの墨出

<写真⑤>
天井裏の状況です。

母屋などの位置を考慮して、屋根、室内の双方にチューブを配管できるルートを決めていきます。


<写真⑥>
段ボールにて型板を作り室内の位置を決めています。

今回はダウンライトがある位置を避けて、ご希望の位置に一番近いここにしました。
リフォームの際などでしたら位置は柔軟に対応可能です。
(クロス張替えなどはしなくてはなりませんが)
スカイライトチューブ室内の開口
スカイライトチューブ室内の開口

<写真⑦>
また開口作業です。

先ほどの型板の墨に合わせて天井に開口していきます。


<写真⑧>
開口後の状況です。

次は屋根の開口作業に移ります。
ここまでは天気に関係なく作業出来ますが、屋根工事の際は雨に降られたら大変です。
雨雲レーダーは要チェックです
スカイライトチューブ外部の墨出
スカイライトチューブ屋根の開口(コロニアル)

<写真⑨ >
奥に見えるのが屋根に設置するルーフベースになります。
その横に見えるのが天井を通すチューブです。

今回はコロニアル屋根ですが、瓦、板金、RC用など他にも屋根に合わせたラインナップあります。


<写真⑩>
屋根開口完了です。

屋根の開口から室内開口が見てます。ここの中を先ほどのチューブを配管します。
チューブ本体には角度調整機能が屋根側、室内側とありある程度は調整がききます。
スカイライトチューブルーフベースの取付
スカイライトチューブ屋根の完成

<写真⑪>
ルーフベースとトップを取付完了です。

写真ないですがこの時点で天井裏の配管は完了しています


<写真⑫>
屋根面の設置工事完了です。
スカイライトチューブ完成の室内
スカイライトチューブ完成の室内

<写真⑬>
室内の設置工事完了です。

最初の写真と比べで違いが分かるでしょうか?
室内の照明は付けていない状況です、なおかつカーテンは閉めております。
スカイライトチューブからの採光により明るくなったと実感です


<写真⑭>
別角度からです。

こちらの方が採光状況が分かりやすいと思います。
点検口も目立たないように、枠もホワイト色にて取付けてます。




工事完了後に数日経過して、お引き渡しに訪問しました。
その際にお客様の工事の感想を頂きました。
「家が暗くなってから、悩んでいましたが思い切ってスカイライトチューブを取付して本当に明るくなり満足しています。」

採光で悩んでるお客様、ぜひお気軽にご連絡ください♪




工事のご相談は
ハウスドクター山口 【山口店】

TEL: 083-941-1234



続 山口市リノベーション 1年訪問

2020年3月24日|カテゴリー「岩本 孝行


先日に引き続きまして、リノベ1年訪問のご紹介させて頂きます。

今回は家のメインのLDKです。元々は台所と和室が別々になっていました。
週末には家族皆様とお孫さんも集まる空間との事。
広々みんなでゆっくりと過ごせる空間がご希望でした。
ビフォーキッチン
アフターLDK
2間を繋げ大空間のLDKが完成しました。

ここは皆さまが一番長く過ごす空間です。仕様にもこだわり、仕上げさせてもらいました。
天井・壁は珪藻土塗り、床は無垢のオーク、断熱も弊社関連会社のデコスファイバー断熱を充填しております。
ビフォーキッチン2

LDK完成アフター
サッシも単板硝子と断熱材も無く、非常に寒いとのお話。
工事のお引き渡しは昨年三月でした。

1年過ごされて室内環境がどう変化したのかお尋ねさせて頂きました。
冬の寒さもさることながら、夏の暑さもずいぶん改善されたとのお褒めのお言葉を頂きました
また内装の珪藻土はデザイン性もありますが、調湿性能に優れており湿度の変化、消臭効果も感じられるとのお話も
ビフォー和室

アフター完成LDK

↑元の和室側よりの写真です。建具も硝子障子で高さも低く圧迫感がありました。

天井まで高さの建具に変更しました。
硝子の代わりにアクリルを入れております、建具本体も軽くまた硝子のように割れて破損もありませんので、お孫さんにも安心です。
また間仕切りの役目もあり、来客時や空調使用時にも1部屋に仕切れるようにしております。
IMG_7422-e1584543972666
IMG_7430-e1584544010499

普段は左側の袖壁に建具4枚が納まっていますが、建具の開閉でずいぶん雰囲気が変わりますね。
不意な来客の際などに見せたくない場所をさっと閉めて頂ければ大丈夫です。

この度1年訪問させて頂き、お引渡しさせて頂いた後のお客様の住んでみての体感、感想等を聞かせて頂き大変良かったです。





工事のご相談は

ハウスドクター山口 

【山口店】

TEL: 083-941-1234



山口県山口市リノベーション 1年訪問

2020年3月14日|カテゴリー「岩本 孝行


昨年、大規模リノベーションして頂きましたお客様の家に訪問させて頂きました。
お客様の好意で少しこちらで紹介させて頂きます。

応接用に作られた洋室でしたが、納戸のような使い方だったそうです。
IMG_0714-e1581165991722
IMG_7419-e1581166130297

少しもったいない気がしますが天井もフラットに変え、全体の内装も白系ですきっりしました。
床には無垢材のオークを貼らせて頂きました。


こちら↓は別アングル。

立派なシャンデリアももったいない気がしますが撤去しました。
お手入れも大変ですので( ;∀;)
IMG_0718-e1581166242934

IMG_7421-e1581166300497

天井と壁の廻縁も付けていないのと、天井壁白系クロス広々感じます。


正面の壁クロスですが、プロジェクター用クロスを貼っております。
週末にはお子さん、お孫さんと皆様集まるとの事で、お孫さんが今アンパンマンに夢中とか。
ここで楽しく見て頂けることでしょう!(^^)!





ハウスドクター山口 

【山口店】

TEL: 083-941-1234



山陽小野田市で事務所タイルカーペット張替え工事

2019年12月11日|カテゴリー「岩本 孝行


毎年お世話になっている山陽小野田市の法人様より会議室のタイルカーペットの張替え工事をご用命頂きました。

既存はグレーのタイルカーペットです。
汚れが目立ちにくいですが部屋全体の雰囲気を明るくしたいとのご要望で明るめの色に変更します。

IMG_5959-e1574931101361

IMG_5960-e1574932337917


既存タイルカーペットの撤去作業です。
荷物を移動しながら剥がしていきます。

IMG_5963-e1576019648822
IMG_5962-e1576019703597

下地はOAフロアーの上にピールアップボンドを塗布しています。
このボンドは完全接着では無く部分的に張替えが出来るような物で将来のメンテナンスにも優れています。

IMG_5972-e1576020166151

IMG_5970-e1576020249492


施工完了です。

元のグレーも重厚感があって良かったですが、白系の床になった事で全体的にとても明るくなりました。
タイルカーペットの防汚性能も非常に良くなっております。

今回は東リGXシリーズを施工しております。
特徴としては表面にフッ素樹脂系による防汚加工しておりますので撥水、撥油性能に優れています。
また土砂汚れに優れた性能を発揮するナノクリンという機能もついております。
汚れたら張替えできるとは言え、やはり汚れに強い機能を持つカーペットを貼るのをお勧めします。

タイルカーペットのご相談は、ハウスドクター山口まで。





ハウスドクター山口 

【山口店】

TEL: 083-941-1234

Instagram