ハウスドクター日記

わんこ

2019年7月5日|カテゴリー「宮崎 浩二
R.1.5 スロープ 1
R.1.5 スロープ 2
R.1.5 スロープ 3
今からある物を製作します。
色々考えてみたのですが、良い案が浮かばなくて、会社に要らなくなった面格子が目に付き、これで製作する事にしました。
製作品の大きさは幅 40cm 長さ 1m80cmなので 面格子を丁度のサイズにカットする事から始めました。

面格子をサイズにカットした後、アルポリックと言うアルミ板のサンドイッチ(中に樹脂が入っている)状の板を取付ました

面格子にアルポリックの板を取付たら、2ヶ所に脚を色々工夫して取付です。

さて何でしょう。


R.1.5 スロープ 4
40 cm × 1m80cmの板に芝布を貼付、スロープ状に設置。

R.1.5 スロープ5
このスロープを使用するのは、このわんちゃんです。
始めて見る物なので、おっかなビックリで、なかなか前に進もうとしません。
このまま動かないでいたらこのスロープが返品になってしまうので、成り行きを見守って、、、。
R.1.7.4.  わんこ 7
時間は掛かりましたが、無事に降りる事が出来ました。
このわんちゃんは年を取っていて、足腰が弱く段差が有ると、降りれない、上がれない状態でした。

始めは木製の足場板での製作予定でしたが、取外しして、運搬したいと言う事で、足場板は重いので断念、
アルミの足場板は軽くていいのですが、2枚重ねると 50cm近くなり、人が勝手口から通り難くなり
これも断念、

あれこれ考えても良い案が出て来なくて、最終は現場で不要となった、面格子を使い、
軽くて丈夫で、持って来いの商品で、やっと完了する事が出来ました。

お困り事があれば、ハウスドクターに相談してみるのも、いい考えかも ^^!

Lasissaラシッサ

2019年6月24日|カテゴリー「堀野 恵子

建具で、部屋のイメージも変わります!

今回はリクシルのラシッサという内部建具をご紹介します!

lasissa_01

色・デザインはもちろん、

アンティークガラスやハンドル金物、アクセントパーツなど

セレクトできるものが増えました。

しかも、かわいい格子を取り付けても、値段は同じ!


 

lasissa_11

スタイリッシュな空間


lasissa-dp
ノスタルジックな空間
s_img_011
ラグジュエリーな大人っぽい空間

十人十色の好みに対応できて柔軟性が魅力。

コーディネートの幅も広がります。

毎日を過ごす大切な場所だから、

是非、自分らしさを、かたちにしてみてはいかがでしょう!

 

 

人気のシンボルツリーシリーズ④

2019年6月19日|カテゴリー「一氏 賢一
8bbeb0106f172314a57cfedeea715d77-e1559898630201
人気のシンボルツリーシリーズ④
イロハモミジ 落葉樹

新緑も紅葉もきれいな代表的な落葉樹。
和風・洋風どちらの庭にもよくつかわれる、季節感のある樹木。
自然の樹形を生かして楽しめます。

山口県下関市で断熱性の高い対面キッチンLDKへリフォーム

2019年6月12日|カテゴリー「水馬 健太郎


山口県下関市で工事をしたLDK・キッチンリフォーム工事物件の紹介です。

軽量鉄骨の建物で、壁の中には断熱材が入ってはいるのですが・・・
夏は冷房、冬は暖房の効きが悪いと不満を感じていました。
また、かわいいお孫さんの顔を見れない状況になってしまうキッチンにも不満を感じていました。

before
着工前壁付けキッチン
horizontal
after
完成対面キッチン

H様と打ち合わせを重ね、LIXILショールームへも足を運んでいただき、対面タイプのキッチンへリフォームとなりました!
ご希望通りお孫さんの顔を見ながら、テレビを見ながら料理をすることもできるようになりました。

キッチンはLIXILの「リシェルSi」です。
ワークトップは、熱にもキズにも汚れにも強い「セラミック天板」です。
口コミを見ても、"うっかり物を落としてしまったけど、キズ一つつかなくて感動!”とありました。強度は、申し分ないようです!
これからキッチンリフォームを検討されている方は、是非、LIXILのショールームに行ってみてください!

before
工事前の壁
horizontal
after
断熱材の入った壁

さらに、H様邸は夏は冷房、冬は暖房の効きが悪いと不満を解消するた為に、外壁面に既存の壁は壊さずに室内側へ断熱壁を新設としました。
写真ではちょっとわかりづらいかもしれませんが、掃き出し窓の枠の幅が大きくなっていることがわかると思います。その厚みの部分に断熱材を充填しました。

今回使用した断熱材は、JFEロックファイバー(株)社製のアムマットプレミアムです。
夏は冷房、冬は暖房の効きの不満は解消!

before
既存のキッチン解体
horizontal
after
断熱材の入った壁

さらにさらに、窓は樹脂製内窓を取付しました。
高い断熱性能、防音性性能、防犯性も確保!
比較的交通量の多い道路面に面していることもあり、騒音に関しての不満も解消できました!

断熱壁プラス樹脂製内窓の最強コンビで、キッチンで料理しながらでもみんなと会話もでき、テレビの音量も大きくする必要もなくなり騒音に関する悩みも解消!



健やかに暮らせる、快適で、健康な、暮らしの実現のご相談は、ハウスドクター山口へ
この工事に関するお問い合わせは、0120-61-5700



ハウスドクター山口 【下関店】
■TEL:083-263-2700




アルミ 庇

2019年5月15日|カテゴリー「宮崎 浩二
R.1.4 アルミ 庇 1
山口県内の建物で、出入口にアルミの庇取付の依頼あり、現調に伺いました。
ALCの建物でしたので木製の建物と同じ、ボルト貫通止めの施工になります。
(ALCは施工はしやすいのですが、ビスが殆んど効かない品物です)
R.1.5 アルミ 庇 2
建物に、庇取付位置にボルト貫通用の穴を開けて行きます。
R.1.5 アルミ 庇 3
壁の内側は鉄のアングルで、ALCを挟み込み、ボルトで固定します。
ここまで出来れば後は簡単です。

R.1.5 アルミ 庇 4
庇 取付受金具を壁に取付したのちに庇本体を嵌め込んで、組み立てて行きます。
R.1.5 アルミ 庇 5
庇 本体を受金物に取付して行きます。
R.1.5 アルミ 庇 6
本体を取付した後、雨が漏らない様に壁廻りをシールして完成となります。
R.1.5 アルミ 庇 7
完成です!

庇が有ると、ドアを開けて、傘を差す場所も確保出来、濡れる事も無くなります。
木製の庇も有りますが、アルミの庇はスッキリして施工方法も意外と容易で、庇を付けるならお勧めです。
R.1.5 アルミ 庇 8
大きい庇も要領は同じで、躯体に取付ボルトを取付した後、庇 取付受金具を取付します。
R.1.5 アルミ 庇 9
R.1.5 アルミ 庇 10
後は大きい庇なので、部品の数も多く、取付も時間が掛かります。
R.1.5 アルミ庇 11
R.1.5 アルミ 庇 12
こんなに大きな庇を付ける事は無いと思いますが、話しの話題・参考資料として見て頂けたら幸いです。
色々な大きさの庇があり、種類も豊富にあります。もし取付したいお客様がいらっしゃいましたら、ご一報下さい。
すぐお伺い致します (^^)!